ようこそ

日本とそのパチンコへの熱狂ぶりをご紹介します。人々はカジノが日本で合法化され、スポットライトを浴びるようになったことを嬉しく思っています。

ブログからの最新

日本とカジノ賭博:現状

2020年前半、日本の政治家と中国のギャンブル会社の間の収賄スキャンダルが表面化しました。安倍晋三首相ひきいる自由民主党の党員だった秋元司が、500ドットコムから現金その他の賄賂を受け取った罪で訴えられたのです。秋元司は2017年8月から2018年10月にかけ、日本でのカジノギャンブル方針を指揮していました。彼が受け取った賄賂は、あと5名の政治家にも支払われたと考えられています。500ドットコムは北海道の土地ライセンスを望んでおり、取引に成功していました。

事態は思いがけない方向に展開していますが、最近の調査では日本国民の多くが政府は統合型リゾート計画を再考する必要があると考えていることが分かりました。2020年中頃、日本は統合型リゾート導入の可能性を確認する予定ですが、パンデミックのせいで変更があるかもしれません。

ギャンブル業界の主要アナリスト達は、日本にカジノギャンブルが到来すると、マカオとネバダに次いで世界で2番目か3番目に大きなカジノ国家になることが予想されると明らかにしています。

ギャンブルを好む日本文化

日本では、ギャンブルが文化に深く浸透しています。ギャンブルがどのようにエンターテインメント化しているのかについてご紹介します。

毎日、若者や老人、そして女性が駅で行列を作って何かを待っています。この人々は、駅周辺にある光り輝くゲーム機を使うために扇形に広がっているのです。この機械はパチンコと呼ばれています。パチンコショップは日本の都市のあちこちに存在しており、毎日およそ11,000店のパチンコショップが駅付近で営業しています。

パチンコに詳しくない方のために説明しておくと、パチンコというのはスロットマシーンとピンボールをかけ合わせたようなものです。パチンコパーラーと呼ばれる場所でパチンコをする人たちもいます。時間をつぶすためにパチンコパーラーを利用する人々もいます。楽しみながらお小遣いを稼ぐためにパチンコをする主婦もいるほどです。
日本ではパチンコ以外にも競馬、ロードレース、競輪、競艇などにベットすることができます。しかし、ゲーム文化が染みついている日本でも、カジノを統合型リゾート(IR)として国会が合法化するのには20年近くかかっています。

来月、日本の国会でIR整備法施行令が別途討論される予定です。カジノ合法化の過程においては、ギャンブルにスポットライトが当たる中、ギャンブル中毒という一般的な問題も議題にのぼりました。

しかし、ほとんどのギャンブル形態は有害なエンターテインメントとは考えられていません。刑法では習慣的なギャンブル行為を違法としていますが、瞬間的な喜びを得るためにお金を賭けることは許可されています。

更に、カジノギャンブルの支持者および批判者の中には、ハイブリッドなパチンコを好む人達がカジノギャンブルに移行する可能性は低いと考える人々もいます。なぜなら、パチンコ台で遊ぶのは簡単で、とっつきやすいからです。パチンコで遊ぶことに障害は特にありません。しかし、その関心がカジノに向くとなると、そこには障害がいくつかあります。

専門家は、一部の人達はカジノを試してみたいと思うかもしれないが、ほとんどは又パチンコに戻るだろうと述べています。パチンコの方が安く、低所得層や大衆にとっては遊びやすいからです。その一方で、高所得層はギャンブル問題の増大を経験することになるだろうと述べています。

プロのカジノギャンブラーは、日本がカジノを禁ずる背景にある考え方に反対しています。今やカジノは世界的なエンターテインメント要素であり、複数の世界的なカジノ投資家が日本のカジノ市場に関心を示しても不思議ではありません。マカオのカジノ市場と比較して、日本のカジノ市場は300億ドル程度になると試算されています。

日本政府は、ギャンブル関連の問題を抑えるための規制を熱心に作成しています。ギャンブルを楽しむ人数に応じて課税し、人数を制限するための措置や要綱を複数設けています。エンターテインメントやギャンブルは、ほどほどに楽しめばリラクゼーションの手段になり得ます。しかし、自制心を失えば問題が生じる可能性があります。そのため、ギャンブルによる問題を制御するのに適切な規制を作成する必要があるのです。リスクの特定とその予防は専門家に任せましょう。

当サイトについて

弊社チームが念入りな調査と深い洞察を元に、日本のギャンブル文化とその現状に関心がある方々に情報を提供しています。
注目のビデオ